プレスリリース

KahuluiデフキッズBB運動会第一回目 10月17日

KahuluiデフキッズBB運動会第一回目
無事に開催致しました!
こちらも予定日が9月26日だったのが緊急事態宣言解除ならずで、延期になっておりましたが10月17日(日)
に開催決定致しました。
当日は木枯らし第一号が吹くかも?
と前日にニュースで見て、ドキドキしました。御宿海岸は雨90%、しかも北東の強風です。(笑)
それでも当日は子供達、保護者の皆様
「おはようございます〜」って笑顔と手話でご挨拶から始まりました。
久しぶりの皆さんにお会いできて、実は私が一番嬉しかったかもです!
◉デフ=耳が聴こえにくい人のことを言います。
◉コーダ=両親が聴こえにくいが子供は聴こえること
(その子供のことをコーダと言います)
この日はコーダもデフもミックスのイベントです。
スタッフもデフ。主催の私もデフです。
つまり、
デフ主催のデフスタッフによるデフキッズのための(きっと世界初)イベントです。
なので、当日は補聴器をしている子や人工内耳補聴器をしている子、聴こえるけど手話が出来る子など、まるでデフワールド!
スタッフの中には聴こえるけど手話を勉強中の人がいて、
きっといつもと違った世界観を体験できたのではないかな?と思います。
だからもちろん開会式も手話なのでみんなしっかり話をしている人のことを見ます。
どこかでおしゃべりなんてしている人は1人もいません。
私は手話をやるときに声を出すのが癖なので、私の声だけが響いているそんな感じです。
そしてお母さん方お父さん方も手話や口話を使ってゆっくりと子供達にお話をします。
コーダの子も、優しくご両親に話しかけます。
素敵ではないですか?
相手の顔を見て話をする。
誰かが聴こえていないと、コーダの子がデフの子に教えてあげる。
まさに助け合いの世界。
コンテストでは
①1人で乗る。(挑戦を恐れない)
②沢山乗る。(無限の可能性)
③とびきり笑顔で乗る(笑顔のバトンタッチ)
私達あけ海がいつも子供達に学んで欲しいこと、そして伝えたいことをこの日子供たちが沢山叶えてくれました。
また当日は今井絵里子参議院議員がサプライズで動画でのご挨拶メッセージをプレゼントしてくださいました!
https://youtu.be/KwhhhNJM3aU

寒さの中、沢山の保護者の皆様、スタッフの方々、
そして開催にあたりご協力くださった藤井荘様、開催をさせてくださいました御宿町、御宿サーフィン連盟の皆様。
そして開催中にサーファーの皆様が開催にご協力くださいまして誠にありがとうございました。
そして子供達のために素敵なプレゼントをリオン株式会社様から子供達へと頂きました。
子供達大喜びで早速中身を見ていました!
スタッフの西澤琴野ちゃんも青森の野菜とお菓子を。
御宿藤井荘さんから御宿町のお風呂のもとを。
そして帰り際振り返りシートに
「あなたにとって聴こえないこととは?」という
質問に「神」と書いていた子がいました。
そしてご両親が聞こえないけど自分は聞こえるコーダの子は
「誇り」と書いていました。
まだまだ小さい子は「色々と困る」と書いていた子も。
思うことはそれぞれだけど、
「神」と「誇り」には驚きました。
でもそうかもしれませんね。
もしも聞こえていたら、何も悩むこともなく、悲しむこともなく、そこから見えた景色もきっと見れなかったと思います。
また私は聞こえていたらきっとこのイベントをやっていないでしょう。そしてこんなにも素敵な笑顔はきっと見れなかったと思います。
まさに神様からもらった素敵なギフトですね。
これからもこの活動を通して、多くの皆様にメッセージを届けてまいります。
そして中には「同じような活動をして、聞こえない人を助けたい」と言ったお子さんもいました。彼は聞こえます。
いつかこんな人が世の中に増えてほしいです。
そして聞こえない人自身が無限の可能性にチャレンジして、とびきりの笑顔になれますように。
そのさきにノーマライゼーションのある素晴らしい世界がありますように、私達はこれからも努力してまいります。
どうぞご支援のほどよろしくお願いいたします。
ありがとうございました!

TOP