「海を通して聞こえる人も聞こえない人も
笑顔でいられる社会の実現に貢献することを目的とします」

ここで体験した「挑戦することを恐れない」笑顔のバトンと共に次世代の子供たちに渡して欲しい。
沢山の人に幸せのバトンが渡っていきますように。

AKEUMI Activity
Kahuluiデフ支援プロジェクト

AKEUMI Activity

AKEUMI Activityのご案内

AKEUMIとは『陽(あ)けたら海へ』のモットーからつくった称号です。
YUMIE自身は2歳の時から耳が聞こえません。ある日聞こえないことで泣いていた夜、泣き続けていたらいつの間にか空は明るくなっていて、太陽は登っていました。
その時に「あぁ、自然は悲しみなんか関係なく日は登るんだな。私も悲しみに負けないで立ちあがろう!」そこから、悲しみは必ず明ける、そして太陽は登る、夜があけたら海に行こう。
太陽の陽をとって「陽けたら海へ」という私のモットーが出来上がりました。

このような自身の経験から気づくことのできた、夢と希望を持ち挑戦すること、あきらめない気持つことを多くの次世代の子供達に伝えていきたいという意味を込めて、AKEUMI Activityとしました。

活動内容はYUMIEが行うボディボードスクール、ヨガスクール、講演活動、イベントを行います。
それらを通じて沢山の子供たちが夢と希望を持ち、語り、挑戦し、失敗を重ねながらも、立ち上がり、成功し、成長していく。
そんな体験を海での活動を中心に実施していきたいと考えています。

Kahuluiデフ支援プロジェクト

Kahuluiデフ支援プロジェクトのご案内

Kahuluiとはハワイの言葉で「集まる、仲間」という意味です。

YUMIE自身の経験の中で、耳が聴こえないというだけで、諦めなければならないこともたくさんありました。
それが今の社会も変わらず、子供たちがそう感じることで自信を持つことができにくい現実があります。YUMIE自身が様々な壁にどのように立ち向かい、時には跳ね返され、諦めずに立ち向かい今の自分があるということを伝えてきたいと思っています。

自身がロールモデルになり、同じ聴覚障がいのある人達にむけて、ボディボードスクール、ヨガスクール、イベントの開催、講演活動を通して、「聴覚障がい者のもつ魅力や無限の力を持っていること」「挑戦することを恐れない、諦めない気持ち」を伝えていきたいと思います。

また健常者の皆様へのご理解及び交流の機会なども企画して参ります。
企業様の社員研修、経営者の方を対象とした講演等、様々な場面でYUMIEの経験をお話することで何かを感じてもらい、これからの生きるヒントになれたらと思います。
その活動の先には、聴覚障がい者への理解も深まり、マイナスと捉われていた「障がい」を宝物のようにその人の「個性」と思ってもらうことができるよう、聴覚障がい者が活躍できる社会の実現に貢献してまいります。

TOP