AKEUMI kids海と日本プロジェクト

はじめに、このイベントは「FOR TOHOKU 」として
2010年に「陽(あ)けたら海へ」としてスタートしました。(略してあけ海)

当初は子供達にボディーボードを通して海の楽しさ、海の厳しさなどを体験してもらい
そこから笑顔になってもらえたらと思っていました。
ですが、その1年後の2011年3月11日に東日本大震災が起きて、私たちは今何をすべきか考えました。

東北出身のプロボディーボーダーの友人に相談しました。そこで、「千葉県の綺麗な海へ、福島の海に入れなくなってしまった子供達を連れ出して欲しい」と。。。そこから「陽(あ)けたら海へ~FOR TOHOKU~」とし、ボディーボードだけでなく、サーフィン、SUPが加わり、「想い」に共感くださる各プロフェッショナルの先生方、そして笑顔をプレゼントしてくれる有志と共に、東北の子供達や親御さんへ「笑顔の輪が広がりますように」という願いのもと2012年から第二章が始まり今に至ります。

2020年にYUMIE自身が腰椎ヘルニアになり手術を受けることになりました。
手術後「波乗りはもうやめたほうがいいです」と言わました。
私の人生の大部分は海が主役です。
海にも入れなくなり、ボディーボードも出来なくなり、ただひたすら仰向けになり
悔しさに押しつぶされそうな日々でした。

それでも諦めたくなかった。
もう一度海に戻りたい。
そこから立ち上がりリハビリ開始、痛さも少しづつ消えていき、
ボディーボードの大会に挑戦し、その結果優勝することができました。
思えば「聴こえない」ことは、目標を持つことによって「聴こえない」ということは私には関係のないことでした。

目標ができると、練習も頑張れる。
すぐに出来なくても、挑戦をすることで強くなれる。
だから「挑戦をすることを恐れないで」と、子供たちに伝えたい。
あけ海のために集まってくださっているスタッフの皆さん達は私の想いへと繋がっています。
何を伝えたいのか?

それは
「無限の可能性を知り、希望を持つこと」
「挑戦することを恐れない」
「笑顔のプレゼント」
このバトンを渡したいから。

2020年コロナ禍によるイベントの中止、自身の手術を経て、「想い」はさらに強くなりました。
スタートから11年を経て、2021年3月31日にあけ海は、「一般社団法人陽けたら海へ」を設立し、日本財団様のサポートを受け、このイベント名を
「AKEUMI kids海と日本プロジェクト」へと改名し、第三章として「想い」を共有していただける皆様と共に実現に向けて邁進してまいります。

講演のご案内

レッスンのご案内

ボディーボードスクールのご案内

ヨガのご案内

TOP